ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 中日

日本から返還された天竜山の仏像の頭部が北京魯迅博物館で展示

2021年 2月 25日14:07 提供:人民網日本語版

 春節(旧正月、今年は2月12日)の前日で大晦日に当たる今月11日夜、約100年前に海外に流出していた山西省·天竜山石窟の第8窟北壁の仏像の頭部が、2020年に中国に返還された100点目の文化財として、中央広播電視総台の春晩(春節を祝う中国の国民的年越し番組)に登場。新春を祝う中国の人々を喜ばせた。人民網が各社の報道をまとめて報じた。

画像は中国国家文物局が提供(撮影·羅征)。

 石仏の頭部は1920年代初めに盗まれ、海外に流出していた。中国国家文物(文化財)局などの関連当局の努力が実り、在日華僑の張栄さんが無償で中国に贈呈し、昨年12月12日に、日本から中国に返還された。

在日本中国大使館の楊宇公使(写真中央)が見守る中、贈呈のための書類にサインする石永菁文化参事官(写真右)と張栄さん(画像は国家文物局が提供)。

飛行機で輸送される仏像の頭部(画像は国家文物局が提供、撮影·王卓然、馬孝辰)。

 仏頭の大きさは奥行き33.7センチ、幅30.4センチ、高さ44.5センチで、重さは55.5キロ。今年の春晩で中国全土の視聴者に披露された後、翌12日から、北京魯迅博物館で3月14日まで展示される計画だ。

外村太次郎の「天竜山石窟」図版35(第8窟北壁龕内仏像、写真左)と天竜山石窟第8窟北壁仏龕主尊仏像の現状(写真右、画像は国家文物局が提供)。

 天竜山の仏像の頭部が展示されて以来、博物館には多くの見学者が訪れており、事前予約はほぼ毎日いっぱいの状態だ。人気が高まっているため、博物館は今月23日から、1日当たりの受け入れ数を、それまでの750人から2倍の1500人に引き上げて対応している。

天竜山第8窟の外観(画像は太原市天竜山石窟博物館が提供)。

 北京魯迅博物館の入館時間は午前9時から午後4時(最終入館時間は午後3時半)までで、定休日は月曜日(祝祭日を除く)。3日前から、博物館の微信(WeChat)公式アカウントで予約が可能だ。その後、予約した時間に行って、身分証明書を提示し、健康コードをスキャンし、体温に異常がなければ入場することができる。予約した時間を過ぎると入館できないので注意が必要だ。(編集KN)

 「人民網日本語版」2021年2月24日