ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 中日

中日の共同研究、がん治療効果の大幅な向上に期待

2020年 6月 12日10:44 提供:人民網日本語版

 京都大学、滋賀医科大学及び蘇州大学の研究チームは、ポリグリセロール(PG)という高分子で表面を被覆したナノ粒子がステルス性を持ち、がん治療に使用できることを発見した。科技日報が伝えた。

 抗がん剤をナノ粒子に固定してがん組織に送り込む薬物送達システム(DDS)ががんの治療に使われる際に、研究チームは、PGで被覆されたナノ粒子の表面に吸着されるタンパク質の量が格段に減り、その結果肝臓に多く存在するマクロファージ(貪食細胞)に捕食されるナノ粒子の量も大幅に少なくなることを発見した。これはナノ粒子が捕食を回避するステルス性の顕著な向上を示しており、DDSによるがん治療法の発展に大きく寄与する見通しだ。(編集YF)

 「人民網日本語版」2020年6月11日