ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

中国国産作業機「新舟60」が海外で2機目を引き渡し

2021年 11月 23日14:50 提供:人民網日本語版

  中国航空工業集団有限公司が22日に明らかにしたところによると、21日午前11時に国家作業機「新舟60」が昆明長水国際空港(雲南省昆明市)を出発して、東アフリカのジブチに向かった。中国新聞社が伝えた。

  同社によると、同機は同社傘下の中航西飛民用飛機有限責任公司がジブチのユーザーに引き渡した2機目の「新舟60」。1機目の引き渡し後、「新舟60」はユーザーから高い評価を受けていた。

  同機が21日に運航をスタートした国際路線の行程は、4日間で航続距離が4831海里(約8947キロメートル)に達し、ミャンマー、バングラデシュ、インド、パキスタン、カタール、サウジアラビアの6ヶ国を経由して、最終的にジブチに到着するという。(編集KS)

  「人民網日本語版」2021年11月23日