ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

テレワークとオフィスワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」が人気に

2021年 9月 3日16:52 提供:人民網日本語版

  朝9時から夜9時まで、週に6日間働く「996」や、1週目に5日間働いて、2週目に6日間働く「大小週」などが廃止されているのを背景に、中国では職場環境や仕事のスタイル、ひいては企業のビジネススタイルや人材ニーズなどにも大きな変化が生じるようになるとみられている。ビジネス特化型SNSのLinkedIn(リンクトイン)が9月1日に発表した調査研究報告によると、中国企業の45%が現在、テレワークを導入しつつある。そして、テレワークとオフィスワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」の導入が進んでいるのを背景に、各ポストに必要なスキルにも変化が生じている。中国新聞網が伝えた。

  中国企業の45%がテレワークを導入

  リンクトインの調査研究報告によると、新型コロナウイルス感染症や世界的な環境の変化の影響を受け、作業のデジタル化、テレワーク化が中国企業にとって必須の選択となっており、ハイブリッドワークが常態化しつつある。

  統計によると、中国企業の45%が現在、テレワークを導入しつつあり、アジア太平洋地域の平均水準の41%を上回った。アジア太平洋地域の企業の多くは、週に3日出勤し、2日はテレワークというのが、ベストの組み合わせと考えていた。

  ハイブリッドワークは、中国のオフィスワーカーの間で好評となっているが、それに伴う不安もあるようだ。調査研究の統計によると、回答者の57%がハイブリッドワークスタイルを好むとしているが、全ての作業を自宅ですることを望むとする回答者は11%にとどまった。

  テレワークにはメリットもたくさんあるが、パーフェクトというわけではない。例えば、オフィスワーカーの半数以上が「自宅でずっと仕事をしていると、出勤して働く楽しみを得られなくなるのではないか」と心配していた。また、オフィスワーカーの68%は、「出勤して働く時間が長いほうが、上司に気に入ってもらえる可能性が大きいのではないか」と考え、それが理由で、回答者の半数以上が、「テレワークでは、出世にマイナスの影響が及ぶのでは」と心配していた。

  報告によると、テレワークとオフィスワークを組み合わせたハイブリッドワークが各メリットとデメリットの間でバランスを取る効果的な解決策の一つとなっている。しかし、より効果的なハイブリッドワークを実現するには、技術的サポートが特に重要になる。

  ハイブリッドワーク導入で各ポストに必要なスキルにも変化

  オフィスワークがデジタル化されるケースが増え、働く人もオンラインとオフラインをスムーズに切り替えるワークスタイルに慣れる必要が生じている。そのため、働く人にはより高いスキルが求められるようになっており、特に人工知能技術とハイブリッドワークの一歩踏み込んだ融合が、多くのポストに求められるスキルや人材募集の基準に、かなりの程度影響を与えるようになっている。

  世界の一流企業は現在、「スキル」を重要視するようになっている。リンクトインが今年、アジア太平洋地域で実施したある調査研究によると、企業の79%が人材募集の際、「スキルを重視する」と答え、スキルは、受けた教育の程度や仕事の経験よりも重視される最重要要素となっている。

  リンクトインの陸堅・中国総裁は、「異なる国の政府が、ヒューマン・キャピタル関連の課題に直面している。例えば、投資誘致や雇用拡大、人材の引き留めなどの面だ。それら課題について、当社は、異なる国・地域が人々が就職の機会を見つけたり、企業がチャンスをつかんで成長の実現をサポートできるよう、それ相応の解決策を提供することができる」としている。(編集KN)

  「人民網日本語版」2021年9月3日