ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

中国6月末のオンライン食品デリバリー利用者が4.69億人に

2021年 8月 30日16:50 提供:人民網日本語版

  中国インターネット情報センター(CNNIC)は27日、第48回目の「中国インターネット発展状況統計報告」を発表した。同報告によると、2021年6月末現在、中国のオンライン食品デリバリー利用者の規模は20年に比べて4976万人増加して4億6900万人に達し、各種調査アプリの中で増加率が最も目立ったという。中国新聞網が同センターサイトの情報として伝えた。

  同報告によると、中国経済の活力が全面的に回復し、食品デリバリー業界の監督管理が一層強化されるのにともなって、食品デリバリー業界のデジタル化レベルが絶えず向上し、新たな消費のトレンドが勢いよく登場し、この業界がカバーする内容がますます豊富で多彩になったという。

  同報告は、新型コロナウイルス感染症が発生してから、生鮮食品、医薬品をはじめとする即時配達サービスが飛躍的に発展し、飲食・食品デリバリーとともに民生に恩恵をもたらし、経済を安定させるためのサポートをしてきた。ユーザーが感染症の中で徐々に身につけた小売消費の習慣に合わせて、飲食・食品デリバリー以外の業務の占める割合が拡大を続け、食品デリバリー業界がカバーする内容が絶えず豊富になってきた。同時に、食品デリバリー業界の生態圏とドライバーの権利保障も広く社会の注目を集め、業界の生態環境が持続的に改善され、食品デリバリー業界の健全で長期的な発展を推進した。(編集KS)

  「人民網日本語版」2021年8月30日