ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

ストリートダンスやダイエット体操など「軽い運動」ファッションが台頭

2021年 8月 26日16:23 提供:人民網日本語版

  ダイエット体操、流行のストリートダンス、自転車旅行など……SNSプラットフォームで人気の健康のための「軽い運動」が、それにふさわしいファッションの台頭を促している。スポーツ用インナーウェア、低強度運動向きのヨガウェア、スポーツ用タンクトップが新たな流行商品になりつつある。中国の国産品もこのチャンスをつかまえて製品の技術力を向上させており、世界の有名スポーツウェアブランドが居並ぶ中でブレークスルーを達成するとみられる。「北京青年報」が伝えた。

  日常のファッションに徐々に溶け込むアウトドア要素

  世界的な新型コロナウイルス感染症が多くの不確実性をもたらす中、アウトドア要素をファッションに取り入れることが、日常生活に安心感や快適感をもたらすためのデザインのカギになった。このほど阿里巴巴(アリババ)グループ傘下のインターネット広告取引プラットホーム「阿里媽媽(アリママ)」が天猫(Tmall)の服飾部門と共同で発表した「ファッションにおける軽い運動トレンドの台頭」は、「人々はファッションに高い快適性を備えるとともに、見た目の美しさと実用性も兼ね備えること、同時に一日中の活動にも対応できることを望んでいる」と指摘した。

  一部の製品の間にある境界の感覚が薄れてきた一方で、融合の感覚が強まった。中でも女性用衣類とスポーツ・アウトドアウェア・シューズとの兼用度、インナーウェアとスポーツ・アウトドアウェア・シューズとの兼用度、女性用靴とスポーツ・アウトドア・シューズとの兼用度は12-15%に上昇した。女性の軽い運動スタイルは見た目や外見、シーンのクロスオーバー、快適な体験、活力ある若々しさに焦点を当てている。軽い運動ファッションを好む層はより若く、消費力もより高く、女性用衣類、インナーウェア、女性用シューズの3品目が特に好調だ。

  軽い運動をする人々は6タイプに分類

  軽い運動をする人々の「リアルな姿」を見ると、次の6タイプに分類できる。(1)実際恩恵党(2)成熟コスパ党(3)トレンドスポーツ派(4)スポーツトレンド追求者(5)快適品質族(6)ぜいたく格調族だ。

  この中で一番多いのは成熟コスパ党で、30歳以上でコストパフォーマンスの高さを求める層だ。自転車、ストリートダンスなど、それぞれの嗜好によって自転車に乗って風を切るか、踊りのあるライフスタイルを選ぶかが決まってくる。

  次に多いのはトレンドスポーツ派で、一線都市と二線都市にいる高濃度のトレンド・ファッション好きたちだ。映画を好み、ファッションを追い求めることが、彼らのブランドの選択では流されることなく、独自の個性を発揮することを決定づけている。ベーシックでシンプルなブランド、大衆的で伝統あるブランドなどを好むほか、デザイナーが前面に出たブランドも好む。

  スポーツトレンド追求者はKOL(キーオピニオンリーダー)や紹介文に従ってトレンドを追い求める人々で、ネットの人気者のブランドを選択する傾向がある。動画プラットフォームで人気のダンス、フィットネス体操、自転車など暮らしの中のさまざまな選択肢を一通り体験してみたいと考える。

  快適品質族の中心層は消費力の高い成熟した女性で、伝統的ブランドを特に好み、ファッションは快適さにより関心を寄せる。

  実質恩恵党は内面と外面の充実を追求する若者層だ。国潮(中国伝統の要素を取り入れたおしゃれな国産品のトレンド)の新製品を特に好み、学生が中心だ。ファッションの選択で人気のある順に並べると、中国のスポーツウェアブランド、国際的なスポーツブランド、ネットで人気のスポーツブランドとなる。

  ぜいたく格調族は格調高い生活主義者で、ぜいたく品ブランドとデザイナーが前面に出たブランドが注目の重点だ。消費力は高いが割合は最も低い。(編集KS)

  「人民網日本語版」2021年8月26日