ようこそ、中国上海!
海上会客厅

Home >> 新着 >> 文化

中国のオンライン小説「妖神記」が韓国でも大ヒット 中国国際オンライン文学ウィーク開催へ

2019年 10月 25日14:26 提供:人民網日本語版

 2020中国国際オンライン文学ウィークの記者会見が22日午後、世界インターネット大会が開催されていた浙江省鳥鎮の枕水ホテルで開かれた。記者会見には、「闘羅大陸」の作者·唐家三少、「甄嬛伝」の作者·流瀲紫、「仙剣問情」の作者·管平潮、「闘破蒼穹」の作者·天蚕土豆などの作家が出席した。2020中国国際オンライン文学ウィークは、オンライン文学の海外発信の面での経験を共有し、中国国内外の青年がオンライン文学を読んだり、創作したりするよう導くほか、中国の優秀な文化の海外進出を推進させるのが目的だ。銭江晩報が報じた。

 今年6月の時点で、中国のオンライン文学ユーザーの規模は4億5500万人に達し、昨年の主なオンライン文学の売上高は合わせて300億元(1元は約15.37円)を超えた。そして、人気オンライン文学の著作権を活用したオンライン閲覧、出版、映画·ドラマ、ゲーム、アニメなどの文化製品産業チェーンが少しずつ形成されている。浙江省は2013年下半期から、「オンライン文学」関連のプロジェクトを実施し、省·市·県のオンライン作家協会聯動体を構築し、現在、各級のオンライン作家協会の会員は1500人以上に達している。

 近年、浙江省のオンライン文学は、小説やドラマ、アニメなどのさまざまなスタイルで海外に発信され、大きな影響を及ぼすようになっている。例えば、「武動乾坤」のドラマ版はベトナムやラオス、カンボジア、シンガポールなどアジア12ヶ国で同時放映されたほか、米国、カナダ、オーストリア、ニュージーランドなどの衛星テレビ(中国語版)でも同時放映された。「妖神記」の漫画版は韓国最大の漫画プラットフォーム·KAKAOで独占配信され、2018年8月の時点で、売れ筋ランキングで連続でトップ3に入っていた。

  2020中国国際オンライン文学ウィークでは、国際オンライン文化博覧会にオンライン文学産業チェーンにおいて重要な役割を果たしている企業やプラットフォーム、専門家を招き、オンライン文学を原作としたリメイク版、著作権の面での協力、国際的な著作権の開発などの面のハイレベルなプラットフォームを提供する。また、中国国内外の著名な作家、映画·ドラマの脚本家、監督、人気役者、著名な文化系企業なども招かれ、参加型、インタラクティブ型、シェア型のポップカルチャーの祭典となる。(編集KN)

 「人民網日本語版」2019年10月25日