ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

北京市で新型コロナワクチンのブースター接種スタート

2021年 10月 22日16:50 提供:人民網日本語版

  北京市ではすでに新型コロナワクチンのブースター接種が始まっている。北京市中国疾病予防管理センターの龐星火副センター長は21日の記者会見で、「現段階では、まず、国境検問所や医療衛生、公安、消防、交通、物流、出国者といった感染や伝播のリスクが高いグループを優先対象として実施している。重要な活動に関わる人員や参加者、重点エリアなど、感染予防対策に協力するために免疫を強化する必要のある関連グループの人々も対象となっており、各業界や各機関を通して集団接種を展開していく」と説明した。中国新聞網が報じた。

  中国国務院共同対策メカニズムは、ワクチン接種を完了してから6ヶ月以上経過した北京市の18歳以上の住民を対象に、ブースター接種を実施するよう指示している。 (編集KN)

  「人民網日本語版」2021年10月22日