ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

熱心に学ぶ中国の高齢者たち 「老年大学」に1千万人以上

2021年 10月 21日17:51 提供:人民網日本語版

  学ぶことに熱心で、まだ「在学中」の高齢者が中国にどれほどいるか知っているだろうか。中国老年(高齢者)大学協会が19日に北京市で発表した「中国高齢者教育発展報告書(2019−2020)」によると、中国の高齢者向け学校「老年大学」で学ぶ高齢者はすでに1000万人を超えている。新華社が伝えた。

  この報告書によると、2019年末現在、中国の「老年大学」は7万6000校で、そこで学ぶ高齢者の数は約1088万2000人。その8割超が70歳未満で、60−69歳の最も割合が高く、全体の約半数を占めている。

  学校に通って学ぶほか、ネットワークデジタル化教育も徐々に高齢者教育における重要な形式になっている。大まかな統計によると、2019年、中国でリモート高齢者教育を行っている学校は6000校超で、2017年の約6倍となっている。リモート高齢者教育を受けられる場所は約3万6000ヶ所で、2017年より6000ヶ所弱増えている。

  中国老齢協会の呉玉韶副会長は、「今後、学びは最良の老後の過ごし方になる。中国の高齢者教育は依然として、発展が不十分かつ不均衡といった問題を抱えている。高齢者教育の重点を末端コミュニティにまで広げ、高齢者の日増しに拡大する学習ニーズを満たすべきだ」と述べた。(編集YF)

  「人民網日本語版」2021年10月21日