ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

PCR検査のため深い雪の中を進む医療従事者が話題に 新疆

2021年 10月 21日17:51 提供:人民網日本語版

  

  防護服を着た医療従事者が新疆維吾爾(ウイグル)自治区の雪が深く積もった地域で、国境地帯を守る兵士らのPCR検査をしている動画が中国のネットで話題となっている。

  動画を見ると、医療従事者は、兵士らのPCR検査をするために、検査に必要な道具が入った箱を両手に持って、雪が深く積もった道を歩いて烏恰(ウルグチャト)県烏魯克恰提(ウルグチャト)郷玉其塔什草原に向かっている。

  

  ここ数日、中国でも新型コロナウイルスの国内症例が確認されている。21日早朝の時点で、陝西省や寧夏回族自治区、内蒙古(内モンゴル)自治区、北京市、甘粛省、湖南省、貴州省、河北省、湖北省など、9省・区・市で感染者が確認されている。

  中国国家衛生健康委員会によると、今月20日0時から24時にかけて、31省(自治区、直轄市)と新疆生産建設兵団で新たに確認された新型コロナウイルス感染者は21人だった。うち輸入症例が8人(上海市6人、河南省1人、広東省1人)、国内症例は13人(甘粛省5人、寧夏回族自治区4人、内モンゴル自治区2人、湖北省2人)。またそのうち甘粛省の1人は無症状感染者が発症し、感染者に加えられた。新たな死者は0人、新たに感染が疑われた人は0人だった。(編集KN)

  「人民網日本語版」2021年10月21日