ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

中国人民志願軍が米国と戦う朝鮮支援のため鴨緑江を渡ってから19日で丸71年

2021年 10月 19日14:50 提供:人民網日本語版

  71年前の10月19日、中国人民志願軍は鴨緑江を渡り、米国と戦う朝鮮の戦場へと向かった。人民日報が報じた。

  

  故郷や祖国を守るために、当時合わせて兵士290万人が朝鮮へ赴き、戦った。彼らは、「自分たちの後ろにあるのは祖国」と叫び、体を張って盾となり、自分の命を犠牲にすることをいとわず、飢えや凍えるような寒さに耐え、激しい戦火に包まれても、決してしり込みすることはなかった。こうした犠牲があってこそ、憂いなき、安定した現在の中国があると言える。私たちはこうした英雄たちの偉大な犠牲を永遠に忘れてはならない。(編集KN)

  「人民網日本語版」2021年10月19日