ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

欧州65ステーションとつながる!成都とオスロを結ぶ「中欧班列」出発

2021年 9月 7日11:50 提供:人民網日本語版

  

  成都国際鉄道港(画像は成都青白江区党委員会宣伝部が提供)。

  電子機器や家電製品などの貨物が積み込まれた国際定期貨物列車「中欧班列」が9月2日、ノルウェーの首都オスロに向けて、四川省成都市の国際鉄道港から出発した。これにより成都と「中欧班列」でつながる欧州の海外ステーションは65となった。国際在線が報じた。

  オスロは、ノルウェーの政治と経済、文化、交通の中心地で、主な港があり、欧州でも重要な航海工業・貿易センターだ。成都とオスロを結ぶ「中欧班列」が開通したことで、成都と「中欧班列」でつながる欧州の海外ステーションの数が増えただけでなく、中国西部と欧州北部の内陸が直接つながる新たなルートが開通したことになる。

  今年1月から9月にかけて、成都と「中欧班列」でつながる欧州の都市に、ロシアのサンクトペテルブルク、オランダのアムステルダム、英国のフィーリックストウ、ポーランドのスワフクフ、ドイツのロストックなど7ステーションも加わり、その「輪」がさらに拡大している。(編集KN)

  「人民網日本語版」2021年9月6日