ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

9千年前の南方エリアの人がビールを飲んでいた「根拠」が遺跡から発見

2021年 9月 5日4:49 提供:人民網日本語版

  

  新たな研究報告から、今から9千年前に、中国の南方エリアの人がビールを飲んでいた根拠が発見された。これは、おそらく、故人を追悼する儀式の一部ではないかとみられている。これらの根拠は、浙江省温州市永嘉県橋頭鎮にある墳墓の複数ある陶坑から出土した陶器によるもので、今回の発見により、同遺跡は、世界で最も早い時期に人々がビールを飲んでいた場所の一つであることが明らかになった。中国青年網が伝えた。

  研究チームは、陶製の壺の中から、微生物(でんぷん粒子と植物岩)およびカビ・酵母の残留物を発見した。これらの残留物は、ピールが発酵する際に出る残留物と一致しており、アルコール分が含まれていない限り、土壌やその他手作りによる容器などにおいては自然に発見されることはないという。

  壺の残留物を分析したところ、ビールの醸造プロセスで用いられるカビの痕跡も見つかった。橋のたもとにあった壺から見つかったカビは、東南アジアで清酒や他の米の発酵飲料を醸造するときに使われる曲酒から見つかったカビと酷似している。今回の研究結果は、これまでの研究による年代よりずっと早いもので、中国において発酵プロセスで使われていたカビは、これまでは8千年前のものが最も早いものと考えられていた。(編集KM)

  「人民網日本語版」2021年9月3日

  1 2 3 4 5次ページ