ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

広州蓮花山で花蕊が7つあるスイレン確認 プリザーブドフラワーにして公開へ

2021年 9月 2日5:48 提供:人民網日本語版

  広東省の広州番禺蓮花山景勝地で最近、花蕊が7つあるスイレンが確認された。花蕊が7つあるのは非常に珍しく、1つを中心にしてそれを囲むように他の6つが連なって並んでおり、「手を取り合い、心と心がつながっている」かのようだ。中国新聞網が報じた。

  

  花蕊が7つある花を咲かせたスイレン(撮影・陸暁川)。

  このスイレンの花蕊の周りにはうすい黄色の花弁がらせん状についており、花の直径は約11センチ。太陽の光に照らされると、玉のように美しく輝き、その姿は独特でありながら、あでやかでさわやかなムードを醸し出している。

  このスイレンは、今年8月20日に花蕊が5つある花を咲かせたスイレンと同じ株で咲き、品種は「霊光」だ。中国科学院の博士課程の指導教員である田代科氏は、「同じ株のスイレンからたくさんの花蕊がある花が複数咲いたということは、その品種の遺伝背景と関係があるのかもしれない」との見方を示す。蓮花山景勝地は、同株から根と茎を少し採取し、比較栽培観察や分子生物学研究ができるよう、田氏に郵送したという。

  

  同景勝地の関係責任者・張発俊氏は、「当景勝地は花蕊が7つある花を咲かせたスイレンを専門的に処理し、プリザーブドフラワーにして、蓮花山文化クリエイティブ会場で展示する計画。今月初めに一般公開できるだろう」と話す。

  同景勝地は、花蕊が7つある花を咲かせたスイレンをギネス世界記録として申請する計画で、関連の手続きもすでに始めているという。(編集KN)

  「人民網日本語版」2021年9月1日