ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

認知症の祖母同伴で大学進学を決めた女子大生 広東省

2021年 8月 26日16:24 提供:人民網日本語版

  広東省茂名市に住む黎海堅さん(18)は9月から大学に進学する。そんな彼女は、認知症のおばあちゃんを実家に置いたまま進学できないと、大学に同伴することを決意した。そして、「私が戻ってきた時に、おばあちゃんがいなくなってしまっているのが怖いから」とその理由を語った。そんなおばあちゃん思いの彼女に、多くの人が感動を覚えている。中央テレビニュースが報じた。

  「育ててくれたおばあちゃんを、今度は私が最後まで世話する」

  黎さんの両親は出稼ぎ労働者だったため、彼女は生まれるとすぐに実家に預けられた。黎さんが2、3歳の時に、父親が病気で亡くなった後、母親が再び家に帰ってくることはなかった。そんな彼女はおばあちゃんに育てられ、大きくなった。

  

  黎海堅さんとおばあちゃん(画像は黎さんが提供)。

  それからというもの、黎海堅さんとおばあちゃんは互いに寄り添うように暮らし、貧しいながらも、安穏な日々をおくってきた。今年、黎さんは大学に合格。しかし喜びと同時に彼女の心を占めたのは、「大学に通うようになったら、認知症のおばあちゃんはどうなってしまうんだろう」という不安な気持ちだった。

  認知症を患っているおばあちゃんは、孫の黎さん以外を認識することができないため、「私がいないと、おばあちゃんはとても不安になり、食事だけでなく、眠ることすらできなくなってしまう。いつどこかに行ってしまうかわからないので、私が戻ってきた時に、おばあちゃんがいなくなってしまっているのが怖い」と話す。

  

  色々考えた挙句、黎さんは、おばあちゃんを同伴して大学に進学することを決めた。そうすれば、勉強しながらおばあちゃんの世話をすることもできるからだ。黎さんは、「おばあちゃんが私を育ててくれたので、今度は私がおばあちゃんを最後まで世話したい」と話す。

  大学が特別に配慮して個室を手配

  おばあちゃん思いで、しっかりした黎さんのこの決心に多くの人が感動し、次々と救いの手を差し伸べている。進学先の大学は、黎さんがおばあちゃんと一緒に住めるようにと特別な配慮を行い、寮の1階にある個室を手配。さらに生活に必要となる日用品も準備し、提供した。

  また、ある地元企業も黎さんの3年分の大学の授業料や雑費、生活費として、計約8万元(1元は約16.95円)を援助することを約束した。

  

  黎さんは今の最大の願いは、おばあちゃんの世話をしながら、勉強もしっかりして、学業で成果を収めることだとしている。

  ネットユーザーからは、黎さんに数多くの「いいね!」のほか、「おばあちゃん思いのやさしい女の子」と称賛する声が次々と寄せられている。(編集KN)

  「人民網日本語版」2021年8月25日