ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

長時間スマホを見ると目が小さくなる

2021年 4月 28日14:01 提供:人民網日本語版

 日本メディアの報道によると、パソコンやスマホを長時間見ると、画面が発するブルーライトが網膜を傷つけてしまう。目が長時間ブルーライトを浴びると眼精疲労になり、目をこすたり、目に触れる回数が増えてしまう。これにより目の周りの筋肉が硬化し、血液循環が悪くなるため、目が腫れ、垂れやすくなり、目が小さくなるという。生命時報が伝えた。(編集YF)

 「人民網日本語版」2021年4月28日