ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 上海

黄浦江で遊覧ボートが炎上 上海警察が10分間に11人を救出

2021年 8月 9日16:51 提供:東方網 編集者:範易成

 東方網9日付:7日夜19時頃、黄浦江沿いの上海港国際客運センター近くの水域を走行していた遊覧ボートが突然炎上した。火は一時間半後ようやく鎮火した。通報を受けた上海市公安局辺防と港航公安支局はただちに現場に駆けつけ、炎上する遊覧ボートから乗客9人と水に落ちた2人(計11人)を救い、死傷者はなかった。

 当日の救助に参加した警察官の一人である陸静軍は、8月7日夜19時頃、黄浦江で日常パトロールをしていた。すると、ある遊覧ボートの様子がおかしく、白煙を上げて炎上しているように見えた。その時、同時に指揮センターからラジオを通じ事故発生の連絡と救助命令を受けたので、巡視船を走らせてわずか1分30秒で現場に駆けつけて救助を開始した。

 上海港国際客運センターによると、火災事故を起こした遊覧ボートは「倫蒂諾」号であり、運営会社は「倫蒂諾遊覧ボート有限会社」。同社の王洪陽代表取締役は、「事故の原因はまだ不明」と述べている。


(編集:f)