ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 上海

5G新応用で金橋に注目

2021年 7月 30日17:21 提供:東方網 編集者:範易成

  29日、上海浦東金橋管理委員会が明らかにしたところによると、金橋5G産業エコパークは昨年3月に正式開園して以来、華為上海研究所とノキアベル実験室に後押しされて、研究開発成果の応用と推進を積極的に展開してきた。5G+未来カー、インテリジェント製造、デジタルハーバーなどの3大産業に焦点を絞り、金橋開発区の5G産業地図は完成に向けて日々前進している。

写真:華為インテリジェント自動車ソリューションの結晶である未来車のモデル

  金橋では5G産業エコパーク、新エネルギー自動車産業パーク、ロボット産業パークと、インテリジェントのネットで繋がる自動車産業基地、5G+スーパーハイビジョン産業モデル基地という「3パーク2基地」という産業新地図の初期の形が完成した。 未来カーの分野では、テスト道路への許可が正式に降りた。第一期は29.3キロで、これは中国国内で初となる都心部の第一期自動運転開放テスト道路となる。金橋ではこの建設を契機に、世界のトッププロジェクトの導入を積極的に誘致している。

  インテリジェント製造分野では、現在、金橋が交付できるモデルシーンとしてタバコ機械5G+インテリジェント工場(1期)、上海英正輝環境保護科技の5Gインテリジェント生産ライン、上海匯大機械5G+インテリジェント工場がある。無人工場、遠距離メンテナンスなどのインテリジェント製造特定分野における5G応用モデルシーンを通じて、関係プロジェクトの生産率はそれぞれ1.3~3倍向上した。

  金橋管理委員会によると、今年、中微半導体集成供給業者プロジェクト、タバコ機械プロジェクト(2期)などを含む5G+インテリジェント工場モデルプロジェクトを引き続き推進する計画だ。

  デジタルハーバー分野については、同管理委員会は中国網などの機構に働きかけてオンライン新経済の発展を発展し、ノータッチの消費方式で5Gと消費·小売、供給チェーン、金融サービスなどでのイノベーションを展開する。これからの5年間で、スーパーハイビジョン産業の売上げは400億元の規模に達する見込みだ。現在、金橋の情報産業の売上げは650億元を超えて、新しい千億級産業を形成しようとしている。

(編集:曹 俊)