ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

彭京堂少将が中国人民解放軍香港駐留部隊司令官に就任

2022年 1月 10日17:49 提供:人民網日本語版

  中国人民解放軍香港駐留部隊報道官の呉韜上佐は9日、習近平中央軍事委員会主席がこのほど、武装警察部隊副参謀長の彭京堂少将を香港駐留部隊司令官に任命する命令に署名したことを明らかにした。南部戦区司令官の王秀斌上将が先日、この任命を発表していた。新華社が伝えた。

  彭司令官は「香港駐留部隊の全将兵と共に、中共中央、中央軍事委員会、習主席の指揮に断固従い、『一国二制度』の方針を全面的に貫徹し、法にのっとり防衛の職責を履行し、国家の主権・安全保障・発展上の利益を断固として守り、香港地区の長期的な繁栄・安定を断固として維持していく」と表明した。(編集NA)

  「人民網日本語版」2022年1月10日