ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

アフガニスタン新政権の承認について中国外交部がコメント

2021年 9月 2日15:56 提供:人民網日本語版

  

  中国外交部(外務省)の汪文斌報道官は1日の定例記者会見で、アフガニスタンの新政権を承認するか否かについて、毛沢東主席の言葉を引用して「アフガニスタンは歴史上屈服したことのない英雄的な国だ。中国とアフガニスタンは友好国であり、中国はアフガニスタンに損害を与えることを望まず、アフガニスタンも中国に損害を与えることを望まず、両国は支持し合っている」と述べた。

  8月31日にアフガニスタンのタリバン消息筋が「アフガニスタンの新政権樹立に関する協議はすでに完了した。9月3日に新政府樹立を宣言する」と述べたとの報道について、中国としてコメントは。新政権を承認するつもりか。

  アフガニスタンは歴史の新たな1ページを開きつつあり、チャンスと試練が併存し、希望と困難が共にある。苦難を経験し尽くしたアフガニスタンの人々は今、国の平和と復興の新たな出発点に立っている。また、国際社会は近く行われる新政権樹立などの動きを鋭意注視している。中国は、アフガニスタンの各方面が自国民の差し迫った願いと国際社会の一致した期待に沿い、開かれた包括的な政治枠組を構築し、穏健な国内・対外政策を遂行し、様々なテロ組織と完全に断絶し、周辺諸国を始めとする世界各国と友好的に付き合うことを心から望んでいる。

  かつて毛沢東主席は「アフガニスタンは歴史上屈服したことのない英雄的な国だ。中国とアフガニスタンは友好国であり、中国はアフガニスタンに損害を与えることを望まず、アフガニスタンも中国に損害を与えることを望まず、両国は支持し合っている」と述べた。中国はこれまでと同様に、アフガニスタンの全ての人々に対する友好政策を遂行し、アフガニスタンの主権と独立及び領土保全を尊重し、アフガニスタンの内政に干渉せず、引き続きアフガニスタンの平和・復興の早期実現をできる限りサポートしていく。(編集NA)

  「人民網日本語版」2021年9月2日