ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

中国とアラブ諸国の戦略的パートナーシップをより高い水準へ

2021年 8月 23日16:50 提供:人民網日本語版

  「第5回中国-アラブ諸国博覧会」が22日、4日間の日程を終えて閉幕した。今回の博覧会は実り豊かな成果を収め、協力的発展を共に図り、平和的発展を共に促進し、互恵・ウィンウィンを実現し、「一帯一路」(the Belt and Road)を高い質で共に建設する中国とアラブ諸国の盛んな活力を十分に示して、中国とアラブ諸国の戦略的パートナーシップをより高い水準へ押し上げることに寄与した。(人民日報「和音」掲載)

  中国-アラブ諸国博覧会は、時代の潮流に順応し、協力的発展を共に図る中国とアラブ諸国の素晴らしい姿を反映している。中国とアラブ諸国は「一帯一路」共同建設の自然な協力パートナーであり、すでに中国はアラブ19ヶ国及びアラブ連盟と「一帯一路」共同建設協力文書に調印している。近年、質の高い「一帯一路」共同建設の継続的推進に伴い、中国とアラブ諸国は各分野で協力関係を深め続けている。100年間なかった大きな情勢変動と新型コロナウイルスのパンデミックが重なったことによる世界的な試練を前にしても、中国・アラブ諸国協力と「一帯一路」共同建設は一時停止することなく、優れた強靭性と旺盛な活力を示している。2020年の中国とアラブ諸国の貿易額は2400億ドル(1ドルは約109.8円)近くに達し、中国はアラブ諸国にとって最大の貿易相手国となった。今年上半期、中国とアラブ諸国の貿易額は、前年同期比25.7%増の1442億7000万ドルに達した。

  中国-アラブ諸国博覧会は、新興分野で協力を開拓し、広げるという中国・アラブ諸国協力の明るい展望を示している。今回の博覧会では、デジタル経済、クリーンエネルギー、新素材、グリーンフード、医療・健康、クロスボーダーECなど6テーマのオフライン展示エリアが注目を集めた。博覧会で発表された「中国とアラブ諸国の経済貿易関係発展プロセス 2020年度報告書」は、「デジタルトランスフォーメーション協力の模索が加速し、従来型のエネルギー協力を基に、クリーンエネルギー・技術協力が新たな成長分野となっており、再生可能エネルギーの発展、エネルギー貧困削減・ガバナンスが協力の新たな目玉となっていくだろう。中国と中東諸国は連携して気候変動とエネルギーモデル転換に対応し、太陽エネルギーや原子力などクリーンエネルギー協力を積極的に繰り広げ、エネルギー構成の多様化を促進し、環境保護・ガバナンス能力を高め、中東版『グリーン・シルクロード』を共同で築いている」と指摘した。

  中国-アラブ諸国博覧会は、団結・協力し、人類運命共同体を構築する中国とアラブ諸国の偉大なビジョンを示している。今回の博覧会では、手を携えて新型コロナと闘い、運命を共にする中国とアラブ諸国の行動が高く評価された。すでに中国はアラブ諸国に1億回分近くのワクチンを支援・輸出し、アラブ首長国連邦(UAE)やエジプトと共同充填・生産協力を実施している。ポストコロナ時代においても、中国とアラブ諸国は医療物資調達やワクチン共同生産などの分野で投資協力を深め続け、地域諸国の新型コロナ克服と経済回復に助力していく。(編集NA)

  「人民網日本語版」2021年8月23日