ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

米国は世界に真相を明かすべき=外交部

2021年 7月 26日21:25 提供:中国国際放送局

  一部の国のメディアと専門家がこのほど、ウイルス発生源の調査について「政治化されている」として米国を批判し、米国および米陸軍の医学研究施設フォート・デトリックを調査すべきだと表明しました。

  外交部の趙立堅報道官は26日の定例記者会見で、「国際社会では、ウイルス発生源の調査を政治化させた米国を批判し、フォート・デトリックの調査を求める声が増えている。たとえば、ロシアのジャーナリストで歴史学者のラジーシチェフ氏は文章を発表して、米国が新型コロナウイルスの発生源というレッテルを中国に押し付け、その調査を、中国を脅かす手段にしようとしていると指摘した。また、『コリアタイムス』などは論評を発表し、発生源調査を政治化させる米国のことを批判したうえで、『新型コロナウイルスは2019年12月からすでに米国で広がっていた可能性がある。もしも全世界を対象とする発生源の調査を再び行うのであれば、その最初の目標は米国であり、中国ではない』と指摘している」と述べました。

  趙報道官は、「米国による、発生源調査を利用した政治的なたくらみは世界から早々に看破された。米国の一部の人間は透明性と責任のある態度で世界保健機関(WHO)の専門家を要請し、フォート・デトリックを調査してもらい、世界に真相を明かすべきだ」と強調しました。(玉華、謙)