Home > ニュース > 中国  > 「天宮1号」「神舟10号」、手動ドッキング成功
「天宮1号」「神舟10号」、手動ドッキング成功
2013年 6月 24日10:12 / 提供:中国国際放送局日本語放送

 23日午前10時7分、「神舟10号」の聶海勝宇宙飛行士の正確な操縦と張暁光飛行士、王亜平飛行士のサポートにより、「神舟10号」と「天宮1号」の手動ドッキングが成功した。

 午前8時26分、手動操縦で「天宮1号」から「神舟10号」が分離した。北京宇宙飛行管制センターが2機の状態を全面的に検査確認した後、張暁光飛行士と王亜平飛行士がメーターの数字とドッキング目標を観測し、聶海勝飛行士が操縦桿を握り、「神舟10号」を「天宮1号」に徐々に接近させた。

 午前10時、「神舟10号」が「天宮1号」に接触し、10時7分、2機が合体した。計画では、3人の宇宙飛行士は再び天宮1号に移り、関連の科学実験を行いる。

関連記事