Home > ニュース > 中国  > 国務院、台湾のAIIBへの参加を歓迎すると発表
国務院、台湾のAIIBへの参加を歓迎すると発表
2015年 4月 13日15:41 / 提供:中国国際放送局日本語放送

 中国国務院台湾事務弁公室の馬暁光報道官は13日、台湾は意向創始メンバーにはなれなかったが、将来的にはメンバーになることはできるというAIIB·アジアインフラ投資銀行臨時事務局の見解は事実であると発表した。さらに、アジアインフラ投資銀行(AIIB)は世界多国間機構として、開放的かつ包容力のあるものであり、台湾が適切な名義で参加することを歓迎するとした。

 さらに、「我々はアジアインフラ投資銀行への参加方式や名義などに関する台湾の意見に注目している。台湾のAIIB参加のため、各方面が意見を交わした上で解決するだろう。関係各方面が今後規定を制定する際、台湾の参加を考慮に入れる。そして十分な話し合いを通じて台湾が適切な名義でその参加を解決できると信じている」と述べた。

関連記事