Home > ニュース > 社会  > 中国、「南京大虐殺辞典」第1巻を出版
中国、「南京大虐殺辞典」第1巻を出版
2014年 12月 8日9:35 / 提供:中国国際放送局日本語放送

 中国が日本軍による南京大虐殺の歴史などの事実を辞書の形にまとめた世界初となる「南京大虐殺辞典」の第1巻が7日、南京で発表されました。

 この辞典は4巻からなり、8000余りの見出し語を時系列で並べています。第1巻は「大虐殺前」といい、歴史背景や南京空襲、南京の安全区と難民区、南京防衛戦、南京陥落などの内容が含まれています。

 この辞典の出版について、南京大虐殺犠牲者記念館の朱成山館長は「中国で初めての南京大虐殺犠牲者国家追悼日(12月13日)を前に出版されたことは、歴史的にも現実にも重要な意義がある。歴史事実をもっと広く伝えると共に、歪曲や否定する言論に対する強い反駁になる」と述べました。

 第2巻から第4巻は2015年の年末までに出版されます。

関連記事