東方網日本語版

上海から発信するニュース、情報を満喫

ホーム >> 写真集 >> 6枚の手書きの地図で、60数年来の上海の行政区の移り変わりがわかる

6枚の手書きの地図で、60数年来の上海の行政区の移り変わりがわかる

2015.11.05 16:12 | 提供:東方ネット | 編集者:曹俊

すべて

ストップ播放

シェア
1

1

6

☆1949年5月27日、上海解放。30区ある。

中華人民共和国が建国して以来、上海の行政区画が数回の調整があった。

1949年のとき、上海は30の区がある。

1958年、奉賢県、松江県など10県が上海に所属した。

1981年、22区·県が設立された。

1992年、浦東新区が設立し、閔行と上海県を合弁して一つの区になった。その後、近郊の県を撤去し、区を設立した。南市区、盧湾区が相次いで撤去され、新しい黄浦を設立した。南匯が浦東に合弁した。閘北、静安を撤去し、新しい静安区になる。


444