ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 中日

友好都市から寄贈された4500枚のマスクのお返しは5万枚 江蘇·無錫

2020年 3月 26日10:18 提供:人民網日本語版

 江蘇省無錫市新呉区は2月初め、友好都市である日本愛知県豊川市からマスク4500枚の寄贈を受けた。そしてこのほど防疫物資の不足を訴えた豊川市に対して、同区はお返しとしてマスク5万枚を寄贈した。

 日本の東海テレビの報道によると、豊川市の竹本幸夫市長は友好都市の無錫市にマスクを寄贈したが、その後、日本でも感染が拡大し、豊川市も防疫物資不足に陥ったことから、「もし無錫市に余裕があれば、今度は豊川市に提供してほしい」と呼びかけた。

 無錫市新呉区ではこの件を知ると、お返しの寄贈を行う手配を始めた。24日夜、新呉区委員会宣伝部は微博(ウェイボー)の公式アカウントに、「豊川市のマスク在庫不足を知り、すでに豊川市に寄贈するためのマスク5万枚の調達を終え、24日には宅配業者を通じて随時発送している」と投稿した。

 新呉区から豊川市に寄贈される支援物資の箱には、「一衣帯水、源遠流長、隔海相望、桜花満開、衆志成城、戦疫必勝(一衣帯水という我々の歴史は長く、海を隔てて隣り合っている。桜も満開の時期を迎えている。多くの人が心を合わせれば、城のように堅固になり、戦「疫」に必ず勝つことができる)」というメッセージが添えられている。(編集TG)

 「人民網日本語版」2020年3月25日