ようこそ、中国上海!
2017CSR

Home >> 新着 >> 中日

中国老舗の蘭州ラーメン店「馬子禄」が日本に進出

2017年 8月 7日15:36 提供:新華網日本語

100年の歴史を持つ老舗の中国・蘭州ラーメン店「馬子禄(マーズルー)」が日本の進出し、 8月22日に1号店が東京神田神保町にオープンする。

蘭州ラーメンは牛骨、牛肉、十数種類のスパイスを長時間煮込んだスープに小麦粉の生地を手で延ばして手打ちした麺を入れ、牛肉、刻みネギ、ラー油、パクチー、ニンニクの芽をトッピングしたもの。

「馬子禄」はシルクロード沿線の甘粛省蘭州市で100年以上の歴史を有すし、「中華老舗ブランド」に認定されている唯一の蘭州ラーメン店である。

まもなくオープンする日本店の店長は大学時代を北京で過ごし、蘭州ラーメンの虜になった。帰国後、蘭州ラーメンを食べたくても日本には蘭州ラーメン屋がないため、開業しようと考えた。当初は自分で試行錯誤を重ねていたが、複雑な薬膳スパイスの組み合わせや手打ち麺の技術を習得できずに失敗。そこで、本場の蘭州に行き、ラーメン店で修行することを決意した。

現地で数十軒もの蘭州ラーメンを食べ歩き、一番美味しかったのが「馬子禄」だったという。修行したいとお願いしたが最初は断られ、何度も足を運び、誠意と情熱が伝わりようやく承諾してもらえた。麺打ちからスープ作り、ラー油作りまで、蘭州ラーメンの作り方を徹底的に学び、日本で1号店をオープンするに至った。

(チャイナネット)