ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

アメリカンチェリーがミニミカンを抜いて中国の最も人気の旧正月用品に

2023年 1月 19日16:49 提供:人民網日本語版

  微博(ウェイボー)の検索トレンドを見ると、ここ7日間ほどは、「帰省の手土産」に関する検索件数が前週の25倍になり、アメリカンチェリーが人気の検索商品1位になっている。「揚子晩報」が伝えた。

  17日の昼に江蘇省南京市建鄴区の青果店を取材した。店員は取材に対し、「うちの店では毎日アメリカンチェリーが10数箱売れ、ミニミカン(砂糖橘)の量り売りも売れ行きが好調だ。うちではミニミカンを量り売りしており、値段は500グラムが数元(1元は約19.0円)ほどで、買って帰って家で食べるという人がほとんどだ。アメリカンチェリーは1箱200元余りするが、若い人が人に贈る正月(旧正月の春節のこと、2023年は1月22日)用品として真っ先に買い求め、高級なフルーツに感じる」という。

  関連のデータを見ると、アメリカンチェリーは今年、確かに売上が爆発的に伸びている。南京衆彩物流果品市場の微信(WeChat)公式アカウントによると、当市場では1日あたり400トンを超えるアメリカンチェリーを輸入しており、前年同期に比べると価格上昇率は20%を超えるという。

  アメリカンチェリーが今年、大人気になっているのはなぜか。南京農業大学経済管理学院の耿献輝副院長(教授)は、「これはアメリカンチェリー自体の属性と関係がある。第1に、旧暦の年末が近づく中、アメリカンチェリーは相対的に高価で、贈答品としての属性が高い。第2に、アメリカンチェリーはビタミンが豊富で、健康という属性が突出している。第3に、南半球では一般的に11-12月にチェリーが食べ頃になって市場に出回り、中国に輸入されるとちょうど春節前の季節にぴったりの新鮮な果物になる。こうした属性と背景が相まって、アメリカンチェリーが『人気の検索商品1位』に押し上げられたのだろう」との見方を示した。(編集KS)

  「人民網日本語版」2023年1月19日