ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 経済

2021年のテスラ上海工場引き渡しが48万台に 世界の半分を占める

2022年 1月 13日1:49 提供:人民網日本語版

  全国乗用車市場情報連合会が11日に発表した最新の中国自動車販売量データによると、電気自動車(EV)メーカー米テスラの上海工場「ギガファクトリー」は2021年12月にバッテリー電気自動車(BEV)7万847台を引き渡し、月次販売台数が7万台のレベルに達した。中国新聞社が伝えた。

  ギガファクトリーは21年に前年比235%増の48万4130台を引き渡し、そのうち16万台超が海外市場に引き渡され、欧州やアジアなどの10数ヶ国でのニーズに応えた。特筆されるのは、テスラの21年世界引き渡し台数は93万6千台で、このうちギガファクトリーの占める割合が51.7%に達して半分を占めたことだ。

  テスラによると、高度なスマート化、デジタル化、86%に達する部品の現地調達率により、ギガファクトリーの生産能力は21年にさらに向上し、第3四半期(7-9月)には「モデル3」や「モデルY」の四半期生産量が初めて米カリフォルニア州フリーモントの工場を上回った。

  また21年には、テスラ上海研究開発イノベーションセンターとテスラ上海ギガファクトリーデータセンターが設立された。(編集KS)

  「人民網日本語版」2022年1月12日