ようこそ、中国上海!
中国国際輸入博覧会

Home >> 新着 >> 経済

中国の黄金消費5·73%増 6年連続世界トップ

2019年 2月 1日17:07 提供:新華網日本語

中国黄金協会が1月31日発表したデータによると、2018年、中国の実質金消費量は5・73%増の1151・43トンで、6年連続で世界首位を維持している。

中国黄金協会の宋鑫(そう・きん)会長は1月31日の記者会見で、「国内の金消費市場は持ち直し続け、アクセサリー、金地金、工業とその他の金使用は着実に伸び、金貨販売はわずかに減少した」と述べた。

統計では、2018年、中国の金製アクセサリー消費は5・71%増の736・29トン、金地金は3・19%増の285・2トン、金貨は7・69%減の24トン、工業とその他は17・48%増の105・94トンだった。

生産側で見ると、金業界の成長モデル転換や産業構造最適化に伴い、自然保護区にある一部鉱山が秩序だって撤退し、国内の金生産量はこの数年、いくらか減少している。

2018年、国内の金生産量は5・87%減の401・119トンだったが、依然として世界1位にある。うち、金鉱の金産出量は345・973トン、非鉄金属原料の金産出量は55・146トンだった。

2018年、中国金業界は「走出去」(海外進出)を加速している。統計では、重点黄金企業グループの海外鉱の金産出量は23・4トンだった。黄金企業の海外展開はすでに新たな傾向となっている。

当社のコンテンツは著作権法によって保護されます。無断転用、複製、掲載、転載、営利目的の引用は禁じます。