ようこそ、中国上海!
中国国際輸入博覧会

Home >> 新着 >> 経済

見どころが多すぎて見尽くせない?第1回国際輸入博覧会

2018年 11月 7日10:29 提供:人民網日本語版

 世界貿易界の新たな盛会となる第1回中国国際輸入博覧会が11月5日午前、上海虹橋国家コンベンションセンターにおいて、予定通り華々しく開幕した。同博覧会は、中国ひいては世界で初めての、輸入をテーマとした国家級博覧会であり、企業製品展、国家貿易投資展、さらにはハイレベルの同時開催フォーラムが催される。人民日報が伝えた。

 〇見どころ1

 科学技術ツールを存分に活用、各国展示館の鮮明な特色

 「国家貿易投資総合展」は、今回の輸入博覧会ならではの催しだ。展示面積3万平方メートルに及ぶ国家展には、82ヶ国と3つの国際組織による71ブースが設けられており、各出展者にとってまたとない展示のチャンスが与えられた。

 出展国家は五大陸の随所に及び、先進国はもちろん、発展途上国や後発発展途上国も出展している。インドネシア、ベトナム、パキスタン、南アフリカ、エジプト、ロシア、イギリス、ハンガリー、ドイツ、カナダ、ブラジル、メキシコの主賓国12ヶ国が、それぞれ特色ある展示館を設立し、ハイレベルの政府代表団を派遣している。

 国家展は鮮明な特色を備えている。各国の展示館は、ハイテクツールと多様な展示スタイルを存分に活用し、自国特有の地域文化や特色ある産業の優位性を打ち出しており、内容は、商品貿易·サービス貿易·産業状況·投資観光および代表的な製品を網羅している。

 輸入博覧会では、中国で初めて行われる産業貿易フォーラムも同時開催される。