ようこそ、中国上海!
2017CSR

Home >> 新着 >> 経済

日中協会の白西紳一郎理事長が死去

2017年 10月 10日11:38 提供:新華網日本語

新華網北京10月10日日本メディアの報道によると、日本の一般社団法人日中協会の白西紳一郎理事長が8日、大阪市内のホテルで死去し、享年77歳。死因は不明。

白西紳一郎氏は日本・広島県に生まれ、1960年に京都大学に入り、卒業後、日本国際貿易促進協会を経て、中日国交正常化(1972年)の前から、中日間を往来した。1975年に設立された日中協会で幹事を務め、2000年には日中協会理事長に就いて、中日交流事業に尽力した。