ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

福建省晋江市で国家一級保護動物「ブロンズトキ」を初確認

2022年 5月 11日14:50 提供:人民網日本語版

  

  福建省晋江市池店鎮田洋村で今月7日午前、中国で国家一級保護動物に指定されているブロンズトキが確認された。晋江市でブロンズトキが確認されるのはこれが初めてのことだ。中央テレビニュースが報じた。

  バードウォッチング愛好家がこのブロンズトキを発見した時、トキはちょうど池でエサを探しているところだったという。スマートな体形で、赤褐色の身体に暗緑色の翼をもち、日光に照らされると、ブロンズ色に輝き、とても美しい。

  ブロンズトキは中国で国家一級保護動物に指定されているほか、ワシントン条約(CITES)の附属書IIIに掲げられている。数年前まで、ブロンズトキは生息地となる沼地や湿地、川、湖の面積が減少しているほか、環境汚染が深刻化していたことが原因で、その個体数は急減していた。また、「中国瀕危動物紅皮書(Chinese red list of endangered animal species)」が、「ブロンズトキは中国で絶滅した」と発表した時期もあった。しかし、2009年になって、中国で再びその姿を少しずつ確認できるようになっていた。

  今回、ブロンズトキが晋江市で確認されたことは、現地の生態環境が良好であることを示しており、現地の生物多様性や生態環境の変化を研究するうえで大きな意義を備えている。(編集KN)

  「人民網日本語版」2022年5月11日