ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

中国語が国連世界観光機関の公用語に

2021年 2月 22日15:32 提供:人民網日本語版

 国連世界観光機関(UNTWO)とスペイン政府はこのほど、「2021年1月25日から、中国語がUNWTOの公用語となる」と発表した。UNWTOは、世界で最も大きな影響力を持つ観光分野での政府間国際組織で、159の構成国を擁し、スペインのマドリードに本部を置いている。中国は1983年、UNWTOに加盟した。現在、UNWTOの公用語に定められているのは、アラビア語·中国語·英語·フランス語·ロシア語·スペイン語の6ヶ国語。人民網が報じた。(編集KM)

 「人民網日本語版」2021年2月22日