ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

26日は元宵節、月が最も丸くなるのは翌日午後4時17分

2021年 2月 20日9:59 提供:人民網日本語版

資料写真

 2月26日は元宵節(旧暦1月15日)。中国ではこの日、多くの人が一家団欒を楽しみ、元宵と呼ばれるもち米を原料とした団子を食べるほか、ランタンや満月を鑑賞する風習がある。現代快報が報じた。

 今年の元宵節は「十五の月より十六のほうが丸く」、月が最も丸くなるのは27日午後4時17分だ。それでも、元宵節の日の月見に影響はなく、26日夜にもまん丸の月を見ることができる。

 19日には火星と月が接近して「競演」

 中国科学院紫金山天文台のエンジニア·胡方浩氏によると、「天気が良ければ、肉眼でも、赤い火星と白く輝く月が『競演』する美しい天文現象を見ることができる。火星と月が最も接近するのは早朝7時であるものの、その時は火星と月はまだ空には昇っていない。そのため、日没後を待つしかない。日没後は、火星と月が空に昇っている」という。

 アルデバランはおうし座で最も明るい恒星で、全天21の1等星の1つであり、橙色に輝く。胡氏によると、19日、アルデバランも赤い火星と月に接近するといい、「もっと広い視野で見ると、アルデバランの近くに赤色超巨星·ベテルギウスもあるのが見えるだろう。ベテルギウスとアルデバラン、火星、そして月が夜空で直線上に一列で並ぶことになる」のだという。

 天文現象カレンダーを見ると、2017年、18年、19年と3年連続で、元宵節当日の月が最も丸かった一方、20年と21年は15日より16日のほうが丸くなっている。(編集KN)

 「人民網日本語版」2021年2月19日