ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

杞柳細工を米国や日本に輸出し、貧困脱却と富を目指す 山東省

2020年 7月 30日10:50 提供:人民網日本語版

7月28日、杞柳工芸品企業で、企業によるライブコマースを支援する山東省臨沂市郯城県文化観光部門のスタッフ)。

 「中国杞柳(コリヤナギの枝)の里」と讃えられる山東省郯城県は、数年前から、「企業+基地+協同組合+Eコマース+農家」という経営モデルを採用し、杞柳製品製造業を大々的に発展させてきた。現在、全県における杞柳の栽培面積は約6千700ヘクタール、杞柳の生産量は年7万5千トン、杞柳製品の加工会社は約100社、生産される杞柳製品は16カテゴリー約500種類に上る。製品は、米国やドイツ、日本、カナダなど30以上の国と地域以上に輸出され、杞柳産業の生産総額は6億元(約90億円)、輸出による外貨獲得額は年間約5千万ドル(約52億5千万円)にそれぞれ達している。現地農民6万人以上が、杞柳栽培や製品加工に携わり、貧困脱却と富を目指す道を邁進している。(編集KM)

 「人民網日本語版」2020年7月29日