ようこそ、中国上海!
第2回中国国際輸入博覧会

Home >> 新着 >> 上海

引き続き開放を拡大 習主席が第2回中国国際輸入博覧会開幕式で新措置を発表

2019年 11月 5日16:51 提供:人民網日本語版

 第2回中国国際輸入博覧会の開幕式が5日に上海で行われ、習近平国家主席が基調演説「開放·協力運命を共にする」を行った。

 関税と制度的コストの一層の引き下げ、海南自由貿易港の建設加速、外資の市場参入条件の緩和、知的財産権保護の法体系の整備など、習主席が演説で打ち出した一連の具体的な開放措置を紹介する。

 ■引き続き市場開放を拡大

 (1)中国は輸入の役割を一層重視し、関税と制度的コストをさらに引き下げ、多くの輸入貿易促進革新モデル地区を育成し、各国の高品質の物品とサービスの輸入を拡大する。

 (2)中国は輸入と輸出、物品貿易とサービス貿易、二国間貿易と相互投資、貿易と産業の協調的発展を後押しし、国際·国内要素の秩序ある自由な移動、資源の効率的配置、市場の深い融合を促進する。

 ■引き続き開放構造を整備

 (3)中国は引き続き自由貿易試験区の大胆な試み、大胆な革新を奨励し、海南自由貿易港の建設推進を加速し、海南省全域を自由貿易港にする。開放の新たな高地を築く。

 (4)中国は引き続き北京市·天津市·河北省の協同発展、長江経済ベルトの発展、長江デルタ地域の統合的発展、粤港澳大湾区(広州、仏山、肇慶、深セン、東莞、恵州、珠海、中山、江門の9市と香港、澳門<マカオ>両特別行政区によって構成される都市クラスター)の建設を後押しするとともに、黄河流域の生態系保護と質の高い発展の新たな国家戦略を策定し、開放の連動効果を強化する。

 ■引き続きビジネス環境を最適化

 (5)中国は引き続き経済発展を制約する際立った矛盾に照準を合わせて、重要な部分と分野で改革の歩みを加速し、国家ガバナンスのシステムと能力の現代化によって高水準の開放と質の高い発展を制度面から保障する。

 (6)中国は市場化、法治化、国際化されたビジネス環境を絶えず整備し、外資の市場参入条件を緩和し、引き続きネガティブリストを減らし、投資の促進·保護、情報報告などの制度を整備する。

 ■引き続き多国間·二国間協力を深化

 (7)中国は知的価値を尊重する環境を築き、知的財産権保護の法体系を整備し、法執行の強化に力を入れ、知的財産権の民事·刑事司法保護の取り組みを強化する。

 (8)中国はさらに多くの国々と高水準の自由貿易協定を協議·締結し、中国EU投資協定、中日韓自由貿易協定、中国-湾岸協力会議(GCC)自由貿易協定の交渉を加速したい。

 ■引き続き「一帯一路」共同建設を推進

 (9)中国は国連、G20、アジア太平洋経済協力会議(APEC)、BRICSなどの協力メカニズムに積極的に参加し、経済グローバル化の前向きな発展を共に後押しする。

 (10)中国は「共に話し合い、共に建設し、共に分かち合う」原則を堅持し、開放、エコ、クリーンの理念を堅持し、高水準、民生重視、持続可能という目標の達成に向けて努力し、「一帯一路」(the Belt and Road)共同建設の質の高い発展を後押しする。(編集NA)

 「人民網日本語版」2019年11月5日