ようこそ、中国上海!
2018新春

Home >> 新着 >> 上海

中国全土の最低賃金が発表 上海が月給2420元でトップ

2018年 10月 12日16:15 提供:人民網日本語版

 全国の最低賃金番付が発表された。人的資源·社会保障部(省)は10日、全国各地の月給ベース最低賃金基準(2018年9月現在)を発表し、トップは上海市の2420元(1元は約16.2円)だった。2千元の大台を超えたところは上海市、広東省、北京市、天津市、江蘇省、浙江省の6省市。中国新聞網が伝えた。

 ▽月給ベース最低賃金:トップは上海の2420元

 「最低賃金規定」に基づき、最低賃金では一般的に月給ベース最低賃金基準と時給ベース最低賃金基準が用いられる。月給基準はフルタイム労働者に、時給基準はフルタイム以外の労働者に適用される。

 全国31省·自治区·直轄市のうち、最低月給は上海が2420元でトップに立った。

 現在、上海、広東、北京、天津、江蘇、浙江の6省市は最低月給が2千元の大台を超えた。

 ▽時給ベース最低賃金:北京が24元で最高

 最低時給では、北京、上海、天津、広東が20元の大台を突破した。

 このうち北京の最低時給が全国最高で24元に達した。2位は上海の21元、3位は天津の20.8元、4位は広東の20.3元だった。(編集KS)

 「人民網日本語版」2018年10月11日