ようこそ、中国上海!
中医薬、世界へ広がる

Home >> 新着 >> 政治

中国とラテンアメリカ協力、第三者を標的とせず

2019年 7月 26日14:22 提供:中国国際放送局

王毅国務委員兼外交部長は現地時間25日、ブラジルのアラウージョ外相と会談し、「中国とラテンアメリカの協力は双方のニーズに応えたもので、第三者を標的にせず、影響を受けることもない」と強調しました。

王部長は「中国とラテンアメリカ協力で最も鮮明な特徴は平等と尊重だ。中国はラテンアメリカの各国との協力において、国の大小や制度を問わず、一律に平等に対処している。相手国の核心的かつ重要な利益に関心を寄せることを堅持し、それぞれが選んだ政治体制と発展の道を尊重してきた。さらに他国の内政に干渉しないことも貫いてきた」と述べました。

また、「中国とラテンアメリカ協力における最も実質的な内容は共同発展である。中国の市場、資金、産業などにおける強みが、発展の行き詰まりを突破しようとするラテンアメリカの取り組みに役立つことを願っている。ラテンアメリカの自主発展能力が引き上げられ、持続可能な発展が実現することを願っている」と述べ、アラウージョ外相とともに中国とラテンアメリカ関係を推し進めていく意志を表明しました。(朱、星)