ようこそ、中国上海!
2017CSR

Home >> 新着 >> 政治

「ハイレベルな開放型経済のスタート」=人民日報

2017年 11月 13日10:21 提供:中国国際放送局

中国共産党の機関紙「人民日報」は13日、「ハイレベルな開放的経済への新たなスタート」を題とする論評を発表しました。

論評は、「APEC=アジア太平洋経済協力会議のCEOサミットで、習近平国家主席は、対外開放政策を続けていくと改めて強調した。中国経済が世界に及ぼすビジョンを展望し、中国が世界に目を向けたハイレベルな開放型経済を発展させていくと宣言している。世界から幅広く注目され、また反響を呼んでいる」としています。

また、論評は、「この40年間、中国は対外開放を堅持し、世界へ溶け込む上で飛躍的な発展を遂げた。特に、この並外れた5年間、習近平同志を核心とする中国共産党中央が全局を見極め、対外開放の理念や実践の革新を進めて、『一帯一路』を切り開き、開放型の世界経済の発展を呼びかけた。それと同時に、グローバルガバナンスに取り組み、開放型経済の体制を整えつつ、貿易や外国投資、外貨準備高を世界の上位に押し上げるなど、対外開放は大きな成果を収めた」と述べられています。さらに、「現在、経済のグローバル化へのプロセスが大きく変化している。経済のグローバル化は後戻りできないが、そのスタイルや内容面が見直されている。すなわち、目安としては開放や包容性を重視し、方向性は相互の利益やバランスを重視し、そして効果の面ではウィンウィンを重視するようになっている。こうした背景のもとで、中国は世界に目を向けたハイレベルな開放型経済を発展させなければならない。そのために、我々が、『一帯一路』の実施を重点として、陸や海、国内外一体で、東西を貫く開放的体制を形成していく必要がある。ハイレベルな貿易や投資の自由化、利便化を進めて、国内の登録企業をすべて平等に扱い、特に自由貿易エリアでは一段と自主性を与えなければならない」と強調しています。(非、森)